1/12 ハセガワ KH400 その2

さて、KH400の中身をちょっと調査します。

パーツの欠品などの確認で、インストと ランナーをはじめ同梱パーツ一式を

チェックするのは必須です。

 

ライムグリーンのランナー。

タンクとテールカバー・サイドカバーですね。

 

ウェルドラインと他のランナーと擦れた傷が目立ちますが、自分は塗装派なので問題ないです。

 

ライムグリーンの小さなランナー。 立体エンブレム用のランナーと推測。

 

航空機模型のハセガワさんらしい色目のシルバー系塗装パーツ群。

細かい作り込みがされています。

シリンダーフィン。 ここはもう少し厚みを減らして欲しかった気がする。

エンジン腰下カバー。目立たない小さな金型の加工傷やウェルドラインが散見されます。

シルバー系を塗装する際に、このウェルドラインが結構厄介なのできれいに消しませう。

 

シートなど。 シートがこんな状態で3分割されているのは初めて見た気がする(笑)

 

フレームなどの金属パーツと、メーターなどの樹脂パーツがついた黒ランナー。

樹脂の黒、金属の黒、ゴムの黒、 は、それぞれ違う黒です。

ここで初めてKH400がダブルクレードルフレームだと今知った(笑) セミダブルだと思ってた。

 

しっかりした厚みとツヤがあるメッキパーツ。傷つけないように袋保管のまま。

フェンダーは先にクリヤーコートしておいても(・∀・)イイ!! かも。

スポーク、少し太い気がする・・・。悩む・・・。

 

クリヤーパーツとタイヤ、ホース、ネジなどが入った小袋。

クリヤーランナー②番はメーターガラスかな。嬉しいなー、マジデ。

 

シート裏のコーションラベルとか、頑張ってるなぁ(笑) 完成後、誰が見るんやろw

 

パーツ点数も、1/12バイク模型標準で多くないし 不思議な作り方するパーツも無いし、

割とサクサクッと作れそう。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください