アオシマ 1/12 SR400 その5 ~完成~

完成と銘打ってますが、忘れ物が多いので あしからず

 

日曜モデリングで自分の実験も兼ねて作ってきた

アオシマ 1/12 バイクシリーズ  ヤマハSR400 です。

 

 

 

一応の完成です。

 

普通に作る分には、何の問題もない好キットです。

カスタムパーツ付きなら塗装のためにメッキを剥がすという手間がいらないのでお薦めです。

今回は、バイク模型の「スポークホイール張り替え」と、「レーザープリンターデカール」の

実験機でした。

今月は、個人的にイロイロあってテンションだだ下がりで、モチベーションも下がってしまいました。

机の上もさることながら、片付けなくてはいけないことが沢山有るので幕引きを早めて

一応の完成とさせて下さい。今回のリベンジは必ずやるだろう・・・と思います。

 

私感

SR400は、1978年デビューの超!長寿モデルでした。

幾度も時代に合わせたマイナーチェンジをしながら、最後までキックスタート式を捨てず

安易にライダーに媚びなかった猛者です。

400cc版はノーマルで乗ると本当に素直で、400ccのカブと悪口を言われるほど乗りやすかったですね。

でも、BIG単気筒らしく 雨の日にラフにアクセル開けたら直線で横すべりを始めて怖い思いをした記憶があります。

私のSRXに甚く刺激を受けたらしく突然購入しちゃったという経緯の友人の愛車でした。

一時期、我が家が駐輪場で(笑)置きっぱなしにしてるもんだから私もよく乗せてもらいました。

 

私はSR400/500のエンジンの造形がとても好きで、

「どうしても床の間にエンジンを飾りたい!!」と妻に申し出て、却下された記憶があります。

 

このバイクを商品化してくれたアオシマ模型さんに感謝します。ほんと、嬉しいです。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください