フジミ 1/12 スズキ RGV-Γ ’88(XR74) その3

早いもので、もう第3回目を迎えました。

 

現状

外装+フレームの下地塗装中。

 

乾燥まで時間が空くので
何をしようかと考えている目の前に


ブレーキディスクのランナーがありました。

 

今回は付属のエッチングパーツを使おうか使うまいか
この瞬間まで悩んでいました。


ディスク表面の金型キズ     ディスク裏面の押しピンダボあと

 

・・・・・・・

うぼぉぁぁぁああぁぁぁ!!

 

・・・・

面倒くさい・・・

 

強制イベント確定。

 

エッチングパーツを切り出します。

エッチングバサミや、良く切れるカッターで切り出します。

 

各2枚のパーツを貼り合わせて作ります × 3枚。

ここで

 

 

 


リヤディスク。

 


リヤディスクとエッチングパーツのリヤディスク。

 

カラーのエッチングパーツ用インスト表記に従って
パーツを切り出して組んだので、組み方は間違っていないです。

 

Σ( ̄□ ̄;)

クーリングホール(ダストホール)の向きが真逆です。

 

「裏向けに組めばいいじゃん」
と思いましたが、表側になる部分はパーツ2分割で
裏側は分割されていないんです。
ちょっとかっこ悪いかんじになります。

 

工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚) ェェェェェェエエエエエエ工工

 

 

気になって調べた
XR73

以降


XR75


XR76


XR77

 

XR76まではキットパーツの向きが正方向の
写真しか見当たらなかったです。

XR77以降エッチングパーツと同方向にホールが空いている写真でした。
たぶんレース中にはエッチングパーツの向きも中にはあったんだと思います。

 

でも

 

F-1模型でも色々やらかしてるフジミ模型さんらしい(笑)



ってくらい違います。

 

それじゃない感っていうか・・・ザンネン感っていうか・・・

どこかで自分が間違ってるのか?

 

なんか色々・・・( ´゚д゚`)えーーー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください