タミヤ 1/12 RZ250 その11

熱は下がりましたが身体がだるく、鼻が詰まって息が出来ない。

2.4mm外径のエバーグリーン製プラパイプの細切りに
0.5mmのプラ棒を差し込んで楕円形にして作った
R0010874_R.JPGR0010875_R.JPG
ケーブルガイド

 

コトブキヤモデリングサポートグッズのボルトで
R0010876_R.JPG
クラウンロックナットを作ってみる。

 

左キャブレターのスターターレバーとスパークプラグ
R0010877_R.JPG

 

ちょっと大きかったかとも思うがFアクセルシャフト
R0010878_R.JPG

 

Fブレーキキャリパーのバンジョー
R0010879_R.JPG

 

もうこれ以上やってもキリがないので塗装し始めました。

まずは
「黒」からです。

「ブラック」「セミグロスブラック」「フラットブラック」と

インストに表示されていても

 

それが

「なぜその黒」なのか
「材質はなんなのか」
「塗料は何なのか」

考えて塗り分けます。

 

黒だから、全部まとめて一緒の黒!というわけにはいきません。

 

ラジエターカバーの樹脂の黒
R0010881_R.JPG

 

クランクケース右側、アルミの鋳物+真ん中のマークのところは樹脂素材
R0010882_R.JPG

 

フレームの「塗装による艶のある黒」
R0010883_R.JPG

 

トップブリッジの「塗装による黒」アンダーブラケットはシャシーブラック
R0010884_R.JPG

 

シリンダーの鋳造梨地肌を塗装で再現してみました。
R0010885_R.JPG

 

同じカップ内の塗料でも「遠吹き」(わざとブラシを離して吹き付ける)で
こんなに荒れた表現が出せます。

 

シリンダーヘッドとツーショット。ヘッド側は割とツルツル塗装。
R0010886_R.JPG

 

ちなみに、

ここまでの塗装は
総て同一の塗料(ガイアEXブラック)で、近吹きや遠吹き、
塗膜が出来た直後にエアだけ吹き付けて速乾させツヤを消すなどの

ハンドピース側での技法でツヤの有無、程度、表面処理を変えています。

塗料の濃さや近吹きや遠吹きをいろいろ試してみると
面白い発見があるかもですよ(笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください