TAMIYA 1/6 スズキ GSX1100S KATANA その2

先週、朝 布団を押し入れに仕舞うときにグキッとやってしまい

まともに歩けないままもうすぐ1週間になりそうな今日この頃。

 

2階の作業場に上がれないので 塗装も含め
模型、全っ然 触っていません。

何もしないままでは、心が澱んでいくので
GSX1100Sの考証を もう少し。

 

1100S.jpgGSX1100SZ  1981年

1100SR.jpgGSX1100SR   1994年

1100SY.jpgGSX1100SY  2000年最終型

GSX1100S の 実車写真を同一方向で並べてみました。

 

同じバイクなので同じように見えますが簡単な見分け方でも
1.シートにベルト  SR以降
2.F(前)ブレーキキャリパー と ディスク板   SR  SY
3.R(後)サスペンション   SR以降

他にも、エンジンの色やホイールの色など
パッと見ての相違点は少ないです。
(他にも色々あるんですが、わかりやすく)

 

ブレーキキャリパー(前のブレーキディスクを止めるパーツ)は大きく3種類あります。

FBC1.jpg初期型 タミヤの模型もこれです。

FBC2.jpg 2型  実車写真、真ん中のモデルはこれ。

FBCFE.jpg 最終型用 まったく形状が変わります。

 

リヤサスペンションも

SUS1.jpg 初期型 模型もこれですね。

SUS2.jpg 1994年の SRはこれ。

残念ながら、パッと探したのではSY(ファイナルエディション)用のは見つかりませんでした。

 

ただファイナルエディション用のトップブリッジがありました。

 

これも形状が全く異なります。
TOPB_FE.jpgFフォークとトップチューブをつなぐ部品。

 

8800775B3010122500102.jpg8800585B3011042800404.jpg

左   模型および後期型まで         右 ファイナルエディション

 

こうやって写真で見てもFinal Edition 作るのって 大変・・・。

Final Edition やめようかな(笑)  SRの方が楽だよな。

 

でもね、CB750Fの1/6スケールより 都合はいいんですよ、まだ。

CB750Fは「FC」って言う最終型作りたくてもタイヤサイズが違うので作れないんです。

タミヤのCB750Fは FB という種類で
「バリバリ伝説」 の 巨摩郡 が乗っていたモデルです。
その後、16インチタイヤのブームで?前輪16インチに、FCは変更されているので、
作りたくても作れません。(私の技術不足ですが。)

カタナは最終型までタイヤサイズは変更無かったので、こうして悩めるんですよね~(笑)

 

 

自分が現在、一番欲しいバイクはこれ。
16.jpg
一見、GSX1100S KATANA に見えますが・・・

これ、INAZUMA1200と言う 別のバイクを現代版KATANAとして
ユニコーンジャパンさんで注文生産されているモデルです。

GSX1100Sよりほんの少し小さくて、でも格好も、切れ味も
業物の ”KATANA”レプリカ です。150万円以上しますので買えません(T _T)

 

色々とネットで カタナ を探していて、とても珍しいGSX1100S SBE という
赤いフレームの限定車の写真発見。
1100SBR.jpg
これはとても少ないバイクです。
ホイールの形状がまた違ってるし・・・。
シートが赤1色、テールカウルが黒 フェンダーも赤

マニアックだな~、これ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください