(日曜モデリング) 1/12 ハセガワ TZR250(1KT) その3

接着と表面処理、その上で塗装が必要なパーツを先にやっつけ中。です。

 

前回、タンクとサイド&テールカウル+フレームまで ある程度下処理を済ませました。

 

外装でレーサーレプリカならではのフロントカウルを接着して下処理中です。

微妙なヒケやパーツの歪みがあります。

向こうが透けるんじゃないか?と思う程、ここまで薄く金型から生産していただいているので、

ヒケも歪みも苦になりません。

 

本来、実車は アッパーカウル、左右Fアンダーカウル、センターカウルの4パーツですが

キットはアッパーカウル+アンダーカウルセットの2パーツ構成になります。

そのため、下側3パーツは接着しちゃいます。

 

接着後に、実車では分割される部分に再度モールドを入れていきます。

 

一番、歪みが生じていたアンダーカウル底部。

パーテイングラインがリベットモールドの真上を通過していたし、処理が面倒だったので

リベットは後で再現するコトとして削り落とした。

 

接着下処理を終えた外装パーツ。

 

TZR250がこの世に出た頃は既にレース参加中だったので、あまり印象に残っていない。

『ま~た、凄げ~のを出してきたなぁ。』みたいな印象でした。

街や峠を走るライダーの多くが革ツナギに身を包み、トイレで全裸になり・・・。

 

今考えるととんでもない時代だったな(笑)あの頃。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください