バンダイ 1/100 MG EX-S & Sガンダム その14

Ex-Sガンダムの続報です。

 

メインフレーム?胸部フレーム?から腰フレームにかけての
塗装が終わりました。

 

このあたりはABS樹脂パーツが多いので
いつもの「ガイアノーツ マルチプライマー」を下地に吹いて
その上に塗料を重ねる方法で、
サフを吹かず塗膜を1層薄くするようにしました。

 


Mr.カラーの、マホガニー+ニュートラルグレイを基本。

Ver.Kaのフレームはモデルグラフィックスさんの
作例などでよく使われる「暖色系」が多いですよね。

手持ちのG.F.F Ex-S タスクフォースα版も
マホガニー系のフレーム色なので落ち着いたいい色です。

 

が・・・


たった一度フレームを動かしただけでスレて塗膜が剥がれました。
摺り合わせが足りなかったようです。

 


改めてバラして、再度 スリ合わせを行います。

 


前回の続きバックパックは、合わせ目が目立つのですが
内包するパーツを後ハメ加工出来ないので
インナーと後ハメ出来ないパーツの両方を先に塗ってしまいました。

 


取り付けるとこんな感じ。

後ハメ出来ないパーツにはマスキングをして取り付けてから
バックパックを接着して合わせ目を消していきます。

 

Ex-Sガンダム・Sガンダムを含め
このころのMGは後ハメや塗装マスキングしながらの製作が結構あります。

でもそれが楽しかったんですけどね~。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください