バンダイ 1/100 MG EX-S & Sガンダム その15

Ex-Sの胴体パーツの続きです。

 

RX-78 いわゆるファーストと違って
Ex-Sガンダムはコアブロックがむき出しです。

 

RX-78では保護外装?の内側にコアファイターが収納される形状ですが
Ex-Sガンダムはコアファイター部分がそのまま装甲になるという解釈です。

 

なので


収納形状に変形したコアブロックは長方形でズンドウです。

 

なのでEx-Sガンダムの腹部はお世辞にもかっこいいモノではありませんw

 

これ、Ex-S作ったことのある人なら判る
「これじゃない」感がにじみ出る部分です。

 

が、変形合体マシーンの「超!」MGなので
ここを、切った貼った盛ったするような技術を持ち合わせていない僕は
素組みします。

 

( ´゚д゚`)えーーー・・・

 

2日も悩んだんですけどいいアイディアが出てこなかったです。
固定で作るならいくつか方法あるんですが、
今回は変形機構を残すという命題があるので そのまま。

 

ただファースト世代なので胴体にはクビレが欲しいですから


各パーツの嵌合を
少しずつずらす+ちょっと切断 で、クビレを作りました。

 

見比べると

わずかなんですけど、真っ直ぐ胴体があるより少しクビレてる方が
引き締まっていていいかな~と、自画自賛。

 


コアブロック加工前に修正したフレーム部分の再塗装。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください