バンダイ 1/100 MG EX-S & Sガンダム その16

左右の脚部その1です。

 

ここで初めて

EX-S と Sガンダム コンパチ仕様  のための加工が必要になりました。

 

まずは先日パーツに色を塗ったバックパック


接着して2日放置しました。

合わせ目が真ん中に来るなら段落ち処理でお茶を濁す手もあるんですが
このバックパックの分割線は少しズレた位置に
分割線が入りますので、おとなしく接着塗装処理にしました。

 


脚部パーツ、ひざ関節部分に
「ビームサーベルラック」がマウントされますが

本来は、挟み込みパーツなので固定です。
従って、そのままでは
「サーベルラック兼インコムマウント」のEx-Sガンダムへ換装出来ません。

 


挟み込みで留める部分を切り欠いてピンを切断すると
どちらへも換装出来るように加工出来ます。

ただし、ピンと軸の2点留めパーツを
切り欠き加工した軸1点で留めることになるので少しだけガタが出ます。

 


背面ジェネレーターとマウントラックが大きく異なる2つ

Sガンダム仕様のふくらはぎスラスターカバー部分も
外れないように覆ってしまうプラの厚み分だけ削る必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください