バンダイ 1/100 MG EX-S & Sガンダム その17

いつもなら「完成~」とか言ってる その17 です。

 

まだ全然、先が見えない(笑)

 

今日は「股関節軸」周辺です。


Ex-Sガンダム カトキリファインの仁王立ちは勿論のこと
キットの股関節って少々幅が狭いよーな、気がするんです。

 

が、
この製作記で何度か触れたようにABS樹脂は「切断」すると接着しづらく、
また接着出来ても、元の強度から大幅にダウンします。

 


元のキットの股関節ポリキャップは、
太もも回転軸ギリギリまで中に入っています。

 


股関節の接続部分は丸穴です。

 

実際には上写真右側のように数ミリ外に出したい。

ので


指定のポリキャップを外します。

パーツのスリットにポリキャップが固定される仕組みです。

 


ABSランナーのプレートを切り取ります。

 


丸穴処理されたパーツを切り欠きポリキャップの逃げを作り、
さらにポリキャップをインストから90°向きを変えた上で前に押しやり
先ほどのABSランナーのプレート片を差し込みます。

 


右が加工前、左が加工後。

ポリキャップが大きく股関節側にせり出します。

 

2ヶ作った。

 


飛び出しているポリキャップ周辺を積層プラ板で囲います。

 


最後に7mmの穴を開けたプラ板でフタをして延長完了。

 

ABS樹脂を切った貼ったしていないので強度は落ちていません。


左が股関節延長加工前、右が延長後。
(加工前と加工後の方向を統一したかったんですが・・・)

 

ビームカノンごと約2.5mm外に出ました。
この写真はフタをする前の撮影ですので、股関節軸丸見えですが
フタをつけたあとでは軸は見えなくなっています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください