バンダイ 1/100 MG EX-S & Sガンダム その42

ご依頼主さまとのメールのやりとりで

 

「このヒンジの開き方をする模型完成品って見たことないんで是非!」

 

というお言葉で

G.F.Fで用いられた「観音開き」を採用することになりました。

 


これ。

 

なので・・・


前側下パーツ用に、以前切り出したプラ板をどう加工していくか思案中です。

 


こんな風に着くんですが・・・

 


以前の方法とはパーツの開閉方法が違いますので

 


とりあえず形状把握のためにプラ板を箱組みしてみます。

 


印象としてはこんな感じ

 


少し違和感を覚えます・・・ので

 


左 作り直し  右 形状把握用に組んだもの
右の把握用に組んだモノはノーマルMGの形状をベースにしています。

 

が、全体的に大きくした肩ジャケットには横長な間延びした印象です。

 

 
左 作り直し         右 MG基準の形状

 

MG基準のモノを切り詰めていくか、作り直した形状を少し小型化するか
いずれにしても、プラ板のハコ組で形状把握用に作ったモノなので
少々・・・大きいですね(笑)

 

「ジャケットそのもの」の回転用可動軸のスペースもありますので
観音開き用の回転軸を内部のどこに設置するか?とか
どこで切って、どう開くように加工するか?
現在、鋭意 思案中です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください