バンダイ 1/100 MG FAZZ Ver.ka その18 ~最終回~ 

部品が多く、塗装を何度かに分けるなど少々手間取りましたが

1/100 MG FAZZ ver.ka 完成しました。

 

以降、写真はクリックで拡大します。

 

とりあえず、先に写真から。

ご依頼品なので、ヒャハー!こんなに動くんだぜぇ!!といった写真はありません。

ほぼポーズ固定です。(ココから修正したくないもん・・・。)

 

ZZ PEZN

 

 

FAZZ

 

 

 

塗装するとなると突然、難易度がアップするのはVer.ka あるあるネタです。

今回も、カトキ氏の画稿を限りなく再現したバンダイの開発陣の皆様によって

素晴らしい形状のVer.kaマスターグレードが世に送り出されましたが、

製作よりもカトキカラーと言われる中間色の再現塗装に より一層 気を使いました。

 

フルアーマー仕様の際に取り付くHMCannon に発光ユニットを仕込んでいますので

その発光状態での写真もアップしています。

ヘッドユニットなどにも発光ダイオードを仕込むことができれば良かったんですが、

電源等を仕込むスペースがなくて今回は断念しました。

Ex-Sのようにコアユニットがダミーパーツなら何とか成ったかも知れませんが、

あくまでも「かも知れない」な状況なので、余計なことはせずに置いておきます。

 

ブルーのみ、既存ラッカーをストレートで使いましたが、それ以外の部分には

すべて調色によって作った塗料を使いました。

FAZZをこんなにカッコよく誰にでも作れるように製品化してくださった

バンダイ開発陣のスタッフの方々に、心からお礼申し上げます。

あとはゼクアインとかゼク・ツヴァイとか、心待ちにしている私が居ますので(笑)

NEROなんかもREでも(・∀・)イイ!! ので・・・。

 

とにかく 「あの頃オレたちは夢を見ていたんだ。」

 

これにて ガンダムセンチネル編 (たぶん) 終幕です。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください