ボークス SAV ルミナスミラージュ その2

カルバリィR、進行中です。

サフを吹いて、パーツの傷やヤスリ傷、気泡などをチェックしていきます。

 

ルミナスは、気泡やキズは少ないんですが

パーティングラインというか「段差」が生じていてこれが結構大きかったり深かったりします。

ちょっと処理に手間を取ります。

 

腰装甲のヒケ(サフのうっすら残っている所)

極端に目立つ大きなヒケは今のところ発見できず、ラッキーな状態です。

 

この脚部パーツも大きな段差が発生していて処理に手間取ります。

お花のレリーフ辺りの面出しが厄介

 

太ももパーツ

ここは4色塗り分けで銀塗装パーツがあるので下地のキズに気を使います。

 

この刀と持ち手も「金」「銀」と光輝メタリックパーツが満載で気を使います。

 

ヒザ関節装甲

消し忘れている小さな段差などを消しつつ磨いていきます。

全面、銀塗装なのでやっぱり気を使います。

 

『スゴいな~。』と思ったのはベイル。

これ、キャスト1パーツ抜きで 歪みやヒケがとても少ないんです。(無いとは言わないケド)

ボークスさんのキャスト抜きの真骨頂だなぁ・・・。見ててキレイだと思う。

 

 

そして、お手つきしちゃってて今更「その1」できないエンゲージSR1

これは○ンチ○ガードです。

白系の色味チェック中です。

エンゲージSR1、ほとんど白ですね。

でも「純白」とはどこにも書かれていないので(笑)やっぱり混色なんでしょうね・・・。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください