WSC KNIGHT of GOLD Joker3100 その2

明日から、サフ吹き作業に入ります。

 

今日は、サンドブラスト作業+洗浄。

 

MH1騎+別のMHのパーツ諸々。

 

サンドブラスター処理で、完璧にツヤがなくなります。

家で今使っているメディアはガラスビーズ180番です。

アルミナを使う勇気はありません(笑) ガラスビーズも120番だと

GKに施された細かなモールドを消してしまう事があるので、180番で落ち着いています。

 

全く未処理の、WSC製アルスキュルの腰パーツ。

表面がテカテカしているのが離型剤。塗装はおろか瞬着すら弾いて乗らない強力離型剤です。

 

サンドブラスターで離型剤剥がしをしたパーツと並べてみました。

離型剤を剥がしたパーツは、艶が一切なく水洗い洗浄をしていても水すら弾かない程です。

 

今回はあまり関係ないですが、マスキングで下地が持っていかれる事故も無くなりました。

でも、だからと言ってGK製作の為だけにサンドブラスターを購入するのは気が引けます(笑)

個人趣味でバイクいじりの際に使うので、すでに購入していたから有効活用しているだけです(笑)

サンドブラスターの箱本体より、メディア(吹付け砂)が重要で、それよりも

エアを吹き付けるためのコンプレッサーが更に重要です。

高圧仕様で、耐使用時間が長いモノが必要になります。サブタンクも有ったほうがいいです。

模型用の小型静音コンプレッサーでは「サンドブラスターもどき」にはなるかもしれませんが、

メディアの吹付けが満足にできないと思います。

というか、普通のモデラーさんには不要なシロモノですよ、きっと。

 

 

製作ではなく サンドブラスト処理だけで、オーダー受注しようかしらw

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください