WSC KNIGHT of GOLD Joker3100 その11

懸念していた事態が・・・。

ガレージキットは、特に熱に弱いですよね。

今回の塗料、最大の懸案が「加熱乾燥」でしたが

やはり・・・

・・・。

これ、仮組みの段階で湯煎して直してあった「ぶった切ったバスター砲の前半分」ですが、

見事に 調整前の元の状態に戻っていました Orz….

他にもふんどしアーマーとか割と悲惨な状態で、顔が引きつっています。

 

数日置いて、表面が硬化乾燥してシンナー分の揮発が一通り済んだものから順に、

下地塗装2周目に備えて処理中。

 

その間に

別のパーツを硬化乾燥ボックスに放り込み、

 

その次の塗装予定をこなし、

先に下地をすべて終わらせようと画策中です。

 

少し前に、ヒートガン熱風吹出口の高温に 溶けて火事のもとになった乾燥ボックスですが、

2mm厚のアルミ板を使って、空いた穴を塞ぎました。

 

バイク整備の時に使ったので所有していた「リベット」を使ってアルミ板は固定しています。

 

この加工によりボックス底面の熱溶解は、急場しのぎでなんとかなりましたが

 

ボックス側面が熱変形し始めました・・・。もうダメポかもしれんとです・・・。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください