WSC KNIGHT of GOLD Joker3100 その23 ~最終回 黄金の棺~

下地処理を終わらせていたにもかかわらず・・・。

結局、まるっと3ヶ月掛かりました。

 

ワークショップキャスト 生嶋氏 原型の「至宝のモーターヘッド」完成です。

 

まずは写真から。

今回の画像は、web用のサイズ処理とトリミング以外は行っていない撮って出しです(笑)

手首が痛くてマウス触ってられないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キットに関しては、何ら変更していないストレート工作ですので説明割愛。

とにかくK.O.G.は懲り懲りです(笑)

 

 

総括

今回は、WSCの「このキット」の凄さに中てられて・・・というか

K.O.G.の最高峰とも思えるこのキットを、第一巻の山場のシーンをイメージして

アニメ映画版よろしくキラキラと輝くK.O.G.(ver 1)が頭から離れず

アレ(黄金の棺)を作るために苦労しました。

 

塗装に関しては工業用とも自動車用とも言える「加熱硬化」が必要な塗料を使用したため

全く思うように捗らず、キットの変形を何度も修正しながらの作業でした。

 

教訓:模型用と謳っている塗料以外を使うのはやめたほうがイイ・・・。

私個人は、この塗料をもう使うことはないと思います。

GK、インジェクションでの使用は、熱的にも時間制約の面でもデメリットが多すぎるんです。

久しぶりに精神病むかと思った(笑)

 

私にとっては、初のGK版ナイト・オブ・ゴールドでした。

初めて目にしたものが・・・ムニャムニャ・・・

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください