GK版とプラモ版 エルガイム Mk-2 その3

チマチマと進めています。

今日はクリスマスイヴでしたっけ?日本で一番ラブホが繁盛する日ですね(笑)

閑話休題

 

エルガイムMk2ですが、まずはアニメ準拠で質素な外観のR3版エルガイムMk2を

シリコントライブさんのGK版みたいに、格好良いモールドが決まったHMにしたい!

と、

 

(個人的には)気に入らなかった頭部ヒサシ部分を自分好みにイメチェンしようと画策。

 

胸部も私の中では、ちょっとアッサリしすぎていたのでGK版もどきのモールドを追加。

 

ふんどしパンツはやっぱり許容範囲外だったので、隙間が出来て可動パーツが丸見えになる

部分にプラ板を貼り付けて隙間を狭くして真ん中のモッサリした部分を盛り上げてみた。

 

肩に『カモン-マイロード ペンタゴナ キングス』 と刻印されていますが、

私のイメージだと劇中でペンタゴナワールドの王だと『ダバ』が宣言しながらMk2を

駆って戦ったという印象がないんです。

なので、-KINGS- の部分だけ瞬着で埋めて消しました。

それより、カモン・マイロード の スペルって、MYLORD ではないんでしょうかネ?

 

あとは細々と、うで等にモールド入れて この数日を過ごしておりました。

 

その上で、模型版からGK版への逆輸入と申しましょうか・・・

コクピットハッチを開閉可能なように小加工。

これでコクピット内部の塗装を絶対にしなくてはいけなくなるという自爆スイッチ・オンです。

ついでに書くと、ビュイをちゃんと作って固定できるようにしなくてはいけませんな・・・。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください