GK版とプラモ版 エルガイム Mk-2 その6

GK版エルガイムMk2 にシフトチェンジ。

 

仮組みをはじめました。

 

ポンポンっと、重ねただけですが 複雑且つ とても多い情報量の胴体。

腹部カバーの中に

前回、紹介したFSS-MHに通じる腹部が隠されています。

 

背中バインダー。 真ん中の白い部分は接続用に仮組みしたプラ棒。

 

脚部仮組み

実際の話し、ここでつまづいてR3版エルガイムの製作を開始したんですよね。

 

ヒザ関節の作りが、ガンダムやMHは左図のように、基本『同軸線上』に有って

その中に鳥脚のような逆関節が時々…なんですが、L-GaimMk2の関節は 割と極端に

同軸線上に無いンですね。コレが私の頭の中で「?間違ってる?」と認識して

パニックの元になったんです(笑)  すんません。

 

せっかく、細かく内部が作り込まれているのだから。と、

1mmサイズのネオジウムマグネットを30ケほど購入して、何箇所か完成後にも

外して見てもらえるように調整中。

シリコントライブさんの精緻なフレームをオーナーさんにも楽しんでいただきたいので(笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください