ボークス 1/32 L.E.Dミラージュ 胸像 その3

一次洗浄が終わりましたので

 

パーツの湯口(ゲート)処理やパーティングラインの処理を少しずつはじめました。

 

ゲート処理を初めていきなり

R0011229_R.JPGR0011230_R.JPG

左写真ではキレイにパーツが抜けているのですが

右写真上側のパーツは、一番外側のスリットが肉厚不足で透けてしまうくらい
薄くなってます。

これ、ヤスリで削ってこうなったわけでは無く、元々極薄だったんです

 

(ТД⊂) ウルウル

 

 

他にも絶対あるだろうな~って思っていた

 

R0011228_R.JPG
透明レジンの気泡あと

 

有色キャストならポリパテやエポパテで何でも無く
通り過ぎる成形不良ですが・・・

 

クリヤーキャストで これは・・・

R0011227_R.JPG
肩外装の常に表面に来るエッジ部分。

目立たない箇所なら隠しようもあるけどね・・・。

 

こんなトラブルの回避方法を、メーカーのボークスさんなら
知ってるだろうと「お知恵拝借」の電話をしたら

SR(ショールーム)なら知ってるはず→SRに電話→
「それは何とも出来ません。
不良品なら交換もあるのですが保証期間が過ぎているのでそれもありません。」

という、予想出来た返事。

 

こういうときはどうするか。
1.透明レジン流す
2.エポキシ樹脂を流す
3.塗装しちゃう


4.チョコッと手直し

 

R0011231_R.JPG
気泡をカッターナイフで少し拡大し、
そこに切り離した透明レジンのゲート(廃材)をちょっとだけ大きめに切って
瞬着で気泡穴を埋めるようにする。

 

瞬着が固まってから、ヤスリ掛けすると
R0011232_R.JPG
かなり目立たなくなります。

目を凝らせば見えるけど、敢えて言わないと判らないくらいに出来ます。

 

R0011233_R.JPG
上から見ても光の加減で少し見えるくらいにまで、消せます。

 

R0011234_R.JPG
今日、このブログ書く少し前までに終わったパーツ。
いち、に、さん、・・・まだ数えることが出来ますね・・・。

 

R0011236_R.JPG
こちら未処理のパーツ群その1。

その3まであります。

 

パーツ数自体は200ちょっとなので、MMのガレキと、あまり変わらないんですが
パーツ1つ1つが1/24のクルマ模型より大きいかちょっと小さいくらい。
1/12のバイク模型よりは遙かに大きいです(笑)

 

塗装モードが恐ろしい(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください