ボークス 1/32 L.E.Dミラージュ 胸像 その29 ~部品請求~

突然目の前が真っ暗になるほどのトラブル・・・

 

そんな経験、ありませんか?

 

現在、L.E.DミラージュBustUpMODELは 半透明外装の上塗り中です。

 

パーツの大きさもあって油粘土を使った、持ち手の乾燥ベースを
机の上段においていました。

 

今朝、作業再開のために模型部屋に入ると

持ち手保持の粘土がちぎれたようで

上段に刺して、乾燥中だったパーツが床に落ちてしまっていました。

 

ただ落ちただけならたいしたことは無いのですが・・・・

 

DSC01924_R2.JPG

完全に「破損」してしまいました。

 

確認のために塗装を剥いで 再接着なども試みたんですが、
割れた部分が完全にキズ痕として残ります。

塗装のキットなら問題ないんですが、

半透明装甲+パール塗装のL.E.Dミラージュでは致命傷でした。

 

DSC01923_R2.JPG

1.5mの高さから、絨毯の上とはいえ
キャストの固まりを冷え切った晩秋の夜間(室温8℃)に落としてしまったので
落下した角度なども悪く一撃で割れてしまったようです。

 

がっくり肩をお落としながら
パーツを拾い上げて(本当に)しばし泣いてしまいました。

 

このままで済むはずが無いので直ちにボークスアフターに確認後、
パーツ品番をお伝えして再生産して頂けることになりました。

 

ボークス アフターサービス様、ご尽力ありがとうございます。

 

この部分、きっと僕の塗装が良くなかったので
アマテラスが「ちょっ!」と、粘土ごと下に落としたんですね。

 

パーツが届くまで、そのほかの部分を気落ちせずに仕上げていきます。

 

依頼者様、今しばらくお待ちください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください