1/100 ボークスSAV マシンメースAUGE その8

銀色・・・の   マスター?・・・

 

いいえ、ちゃいます。

 


アウゲ どす。

 

イメージしたメッキでは無いシルバーで、且つギンギラ色毛虫の表現です。

塗装した本人はムフーン!とドヤ顔しています。

自分の中で想像した通りのアウゲの色になりました。

 

胴体などの金色部分も永野氏がWAVEさんとの会話の中で
「カッパー」と自ら解説なさっておられましたが
ゴールドに近い磨き上げた綺麗なカッパー(笑)で塗ってみました。

下地にゴールドを塗装して、クリヤーカッパーパールを上から塗装してあります。

 


全部が全部、同色っていうのは1/100ではもったいない表現なので
股関節のガード?に、いつもの自作シャンパンゴールドを
ちょっと使ったり、他の箇所にも陰影を付けるために
わざとゴールドにしたり、メタリックグレイにしたりしています。

 


リヤビューになりますが、えぇ、自分では満足しています(笑)

 


散々悩んだ上で、下地にスーパーディープブルーを使い
その上からフレームメタリックⅡを塗装し、
光の加減で一番下層のスーパーディープブルーが見えるか見えないか
という風に、薄く塗膜を重ねて
その上からもう一層薄く、本来は自動車用の
ビラッザシャインミラーをあえてメッキ塗装を避けるように
メタリック粒子で荒れた下地に軽く吹きつけ光の乱反射を誘い
最後にアルクラッドIIの「 ホロマティック スペシャルクロム」で
虹色に輝くようにしてみました。

虹色のギンギラ色毛虫になったでしょうか?

 

アルクラッドII ホロマティック スペシャルクロムは
とあるMHで使う気満々だったんですが
出し惜しみしてる場合じゃなかったので・・・(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください