WSC 1/100 エンゲージSR3 その3

ただ気に入らない、嫌い というだけで必死に個人を排除しようとする

政党とかマスメディアとかがありますよね~。

そのくせ、そんな輩に限って個人やその配偶者まで攻撃しておきながら

『話し合えばわかる!』とか『世界平和!』とか綺麗事を上っ面で語ります(笑)

民主主義で気に入らない個人を排除したあと、どうやって日本を良くするのか

一切語ってくれません・・・不思議です。

 

閑話休題

 

さて、増殖したエンゲージSR3ですが・・・

 

 

もうね、止められないね・・・きっと。

第12巻の、暴風セイレイ登場の中からP64のマシーンメイスに攻撃かます

エンゲージSR3初登場のシーンから。

脚部はもっと開く方がいいのかなぁ~と、試してみたけどイマイチでした。

 

シロ飛びしていますが胸部の形状がすでにエンゲージ化しているジュノーンです(笑)

永野先生+生嶋先生によるリファインですね~。

 

腹部蛇腹パーツは、例によって例の方法で(笑)ムニュッと捻りました。

 

エンゲージSR1で試した蛇腹ひねり法の開眼は、ネプチューンと今回の為に有ったのかも。

元々は「ボークス製MMシリーズ」版エンゲージSR2のゴム蛇腹と同じ発想です。

蛇腹の内部を可能な限り薄く くり抜いて湯煎で柔らかくしておいて

胸部パーツと腰部パーツで挟んで「グイッ」と捻じれば、キレイに腰が回ります。

曲げを失敗したら再度湯煎すると元の形状に戻ります(笑)

 

 

見れば見るほど形状が違う各部。

肩外装甲、腹部パーツの細さ、腿パーツの形状など、2つ並べて初めて判る

設定画版と本編版のリファインの違い(笑)

 

かっこいいけど、また苦労するんだろうな・・・

 

やっと陽が射してきたけど夕方から雨が降るらしいので今日もネプチューン進まず・・・。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください