WSC シュペルター ’18 その8

次回からシュペルターの塗装モードに入ります。

 

ここ数日、目立ちにくいミスの修正に追われていました。

その4でアップした画像

 

今回の修正後の画像

 

脚部パーツが左右 逆だった…orz

 

パテで作った1/1スケールでは『女性の彫刻』とされているライン。

 

IMS L.E.D.ミラージュでは、スネの赤パーツと一体成型で再現されていました。

 

SAS版やM/M版のL.E.D.ミラージュでも再現されています。

 

2つ、並べてみた。

WSCシュペルターのほうが、VOLKS Solid Art Special版のL.E.D.より数cm 背が高い。

 

第4巻 P116~P117 のポーズをイメージしました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください