WSC シュペルター その21

前回、下地のスカーレットを吹いてから



今更ですが(笑)、仏壇仏具店に赴きいろいろな『金色』を見てきました。



一口に「金色」と言っても本当に様々ですね。
今更ながら金色の難しさを痛感しました。



金塗装の専門家に、お話をお伺いする機会に恵まれたのですが
やはり下地には赤系~茶系を使われるそうです。



模型塗装家としては、それだけでも儲けものでした。


というわけで金色塗装です。




  
金色と銀色は、わずかな下地の変化も逃さず表面に出ますので
気をつけて塗装しました。



きれいです。



結局、シュペルターには
ALC-108 ペイルゴールドを使いました。



ウォータードラゴンには、設定画イメージに近い
クレオスさんのブルーゴールドを使う予定です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください