WSC バッシュ・ザ・ブラックナイト その12

前回のグロ画像からの続きになります。

 

パテ盛って削って、パテ盛って削って を、繰り返し中。

 

裏面も、盛って盛って削って削って・・・・

 

嫌気が差してきて

いきなりホワイトメタル製の刀身に作業を変更しました。

 

嫌な予感しか しない(笑)

 

まず、表面のタルクを落とします。

 

表面は予想以上に荒かった・・・。

 

大小、無数の『ス』や 欠けが見られます。

 

写真の指先近くには「ヒケ」も発生しています。

 

ハンダを使ってパテ盛りしていくにょ。

 

電子工作では明らかなNG扱いのイモハンダ。ですがパテ盛りのつもりなのでコレでいいのだ。

 

盛った部分をひたすら削る。

 

削って『ス』が発生すれば また盛ってを繰り返し、表面を面一にしていきます。

 

荒目~細か目~極細目とヤスリを変えていき、最終的にはバフレックスブラックで磨きます。

 

最後にコンパウンドを数種類利用して自分の顔が映る程度にまで表面を磨きます。

 

酸化皮膜が発生して表面が曇ってくる前にできるだけ早くクリヤー塗膜を塗って

表面を保護して出来上がりです。←まだもう少し先ですね・・・。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください