WSC ウォータードラゴン その7

WSC WD 続報です。

 

パーツの粗仕上げをしつつ、仮組み付けの準備中です。

 

関節固定軸ですが、
ボークスさんとキャストさんの大きく違うところで

 

ワークショップキャストさんのキット特有のフリーポーズ用球体軸受けがあります。

固定ポーズキットだと、ボークスさんのような
角軸受けなら1軸ピンを追加して固定すれば楽なのですが

 

WSCのキットは1軸打っただけでは結構ユルユルになってしまいます。
2軸以上打ち込もうとすると外装パーツの外側から
軸打ちした方がかっちり固定できる場合の方が多いです。

 

1軸で済ませたい場合は、前回のように6角レンチを使った方が便利です。

 


ヘックスレンチを2~3cmの長さに切り出します。

 


サンダーなどモーターツールを使うと楽です。

 


エポパテを大きく剔った穴に詰め込んで、切り出したヘックスレンチの切れ端を埋め込みます。

この方法だと、接着固定した後は ほぼ緩んでくることはありません。

WSCのキャストキットなら、自分は ほとんどこの方法です。

 


足~胴体にかけて同工法で仮固定してみました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください