WSC ファントム スカーレット その15 ~最終回~

丁寧な指紋拭き上げをするべきでした -反省 –

 

さて、予告しておりました

元気なお婆ちゃんの紅い骸骨、完成しました。

 

まずは写真から。

 

指紋拭き上げを丁寧に行わなかったことを反省しております。

(小さめの写真はクリックで拡大します。)

 

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、製作させていただいたワークショップ キャストさんのレジンキットは、

従来よく見られた『球体関節風』のフリーポーズ仕様ではなく、

「誰もが簡単に初登場時のあのポーズを再現できるように」と 始めから

完全固定ポーズ仕様でのキット化となっています。

ほんの僅かにポーズ位置の修正は可能ですが、ほぼほぼ固定です。

なので、ご依頼主様から送られてきた残り2つのキットを

ご依頼主様の意向に合わせて残り2騎を白黒で作ったとしても、ポーズは同じです。

また、白に標準装備のベイルも、黒の特別な外装も添付していませんので、

白/黒のファントムについては、改めてご依頼主様との協議が必要かと思います。

 

キットについて

頭部に取り付く『髪の毛風スタビライザー』はエッチングパーツです。

はっきり言って、頭部だけでHGUCザクⅡ2体分の重量になります。

今回は、エッチングパーツ部分を極小ビスで外れないように固定しましたが

ビスは、パッと見では判らないくらい目立たなく取り付けることが出来ました。

 

塗装に関しては、いつもどおり原型を作って居られる原型師様への敬意と、

ご依頼を下さったご依頼主様への感謝を込めて出来るだけ塗り分けて

各々のパーツの存在感、使用場所の相違による使用材質の違いなどを意識して、

塗装しております。

特に今回のファントムは、ネプチューンに近い防御外装の少ないネイキッド系の

騎体ということで、塗り分けてやることで原型師の生嶋氏が作り込んだ細部を

完成後も見て取れるように努力しました。

赤はブログ本文中で書いたように「情炎」をイメージしました。

慧茄・フィルモアですら揺るがすことが出来ない運命に対する『怨嗟』の色で。

 

ーー総括ーー

頑張っても頑張っても完成しないんじゃないか?

そんな不安に襲われた、今回のファントム製作でした。

フリーポーズ仕様ではないのでその辺はラクだったんですが、

その分 次々に発生する細部の塗り分けとマスキングに日々の時間を費やしました。

白/黒ファントム? ベイル問題とか解決しなきゃ現状では作れそうにないです。

未来の私が解決してくれると信じて、先延ばしします(笑)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください