IMS L.E.D.ミラージュ その5.5

第4部1章 の副椀の製作に着手したのですが



注意 ということで

 
K-19 / K-20 を接着し、


K-11 / K-12 が、取り付くのですが

K-19 の部品形状が、インストと実物で異なります。

 


インストでは貫通穴が開いているように見受けられますが

  
実物は穴では無く凸ダボです。

対になるK-12は実物K-19に合わせて
凹穴が開いているので、組み上げる上での問題はないです。




・・・ねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください