ボークス IMS シュペルター製作 その7

さて、シュペルターですが、わずかずつですが進めています。

 

カイエンのシュペルターに改造しなかったので
何もしないままでは、おもしろくないので

ちょっとだけ・・・

写真は 肩関節ですが、キットのままでは真横方向に「ニョキニョキっ」と
肩関節が生えているだけなので
関節をボールジョイントに変更してみました。

 

キットのままでも良かったんですが、
「つっ立ってるだけ」なシュペルターがイヤだったのと
肩がわずかに前後スィングするだけで、ロボットメカの印象が
がらっと変わること。

 

どうせ組んだら肩アーマーなどが邪魔をして大して動かないんでしょうが
F.S.S第6巻のP109のカイエン氏のように
胸張って立ってる方が 「かっこいいやん」な自分なのでいじっちゃった。

ちまちま進めている作業は

 

フレーム塗装。
R0010296.JPG

 

よく1/100なんだから全部同じ色(ガンメタ1色)でバァ~っと吹いちゃえばいいじゃん
って思うんですが

 

ボークスの このキット、
小さな部品の集合体みたいに接着するパーツが多いんです。

「これは、ボークスからの挑戦だ!」ってなるのが細かい作業大好きモデラーの性。

塗り分けます。
R0010297.JPG
色々塗り分けます。

 

腕パーツも組み上げるとこんな感じ
R0010298.JPG

 

全体の印象は

R0010305.JPG

先日作ったメインのフレーム色+過去製造の自作メタリック色たくさん。

 

装甲の重なり(モーターヘッドのメインテーマ)を意識しつつ・・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください