ボークス IMS シュペルター製作 その13

今回は 大きなミスを犯してしまったのでその復旧作業です。

 

ボークス製 IMS シュペルター の「剣」を塗装しておりました。

が、

柄(つか)が、青系の整形色  柄につくS字のマークパーツが 白の整形色
のランナーで分割されており、 自分は後から組み付け可能と思っておりました。
R0010360_R.JPG

 

で、青系のランナーと 白系のランナーを分けて接着し
塗装下地まで仕上げてから
ここで初めて
(上写真の) E3 E4 E16 を、接着してしまうと
あとからD11 D12 の白パーツは挿入できないことが(今さら)判明。

 

これは明らかに、仮組み時に この部分を組んで様子見をしなかった自分のミスです。

が・・・・・実際、すでに接着してしまっています。

 

・・・・・・_l ̄l●lll ガクリ・・・

 

ので やむなく接着して塗装下地を終えていたEパーツを真ん中で切断。
出てきたE16パーツに塗装済みのDパーツを組んだ状態で再接着して修正しました。

 

塗装済みのDパーツは半球面部品のために、マスキングテープでは心許ないので
マスキングゾルを使用して塗装下地からやり直し。
R0010361_R.JPGR0010362_R.JPG

ミスったなぁ~。

 

皆さんも気をつけてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください