ボークス IMS 1/100 テロル・ミラージュ その1

AUGE の、乾燥待ちの合間に

IMS テロルミラージュ 始めちゃいます。

 

いきなりですが
接着剤の乾燥や硬化時間の関係でインスト巡で作りません。

 


早速手を付けたのは脚後部(ふくらはぎ部分)イレイザーエンジンカバー

 


合わせ目になる接着面ですがヤスリがけして平面化しないと
左右パーツの隙間、結構目立ちます。

 

結構目立ちますっていうか・・・

 

インスト通りの順番で作らない自分に洗礼きました…orz


IのパーツNo.5・No.6・No.11・No12

ですが・・・

大きなウェルドラインがあって、それがハッキリパーツの裂け目っていうか
亀裂?っていうか・・・

以前このブログのどこかでお伝えした
フ○ミ模型さんのクルマ模型整形不良品みたいに
ちょっと力入れたらパッキリ綺麗に割れそうな深~い溝になってます。

 

もしかしてっ!と思ってもう1騎のテロル未開封を調べたところ
全く同様の症状が・・・
先行販売分だけだといいんですけどね・・・。

 

皆さん、一度チェックしてみてくださいね。

 


こんな感じ。
相変わらず金型表面の仕上げ粗いのな~。

 

で、この件でボークスさんに電話したらこっちじゃないんであっちに掛けてって
電話たらい回しにされたあげく、嫌そうに対応してくださった担当さん。

「あー、そうなんですかぁ。パーツ請求はですねぇ・・・」って
電話取るなり、いきなり嫌そうに対応してくれやがりましてがっかりしました。

 

金型見直すとか、ラインチェックするとか・・・やる気ねぇかな?ボークスさん。

手元に不良キットをお持ちでしたら、ボークスアフターサービスに電話してみてください。

 

面倒くさいですけどね。電話の対応担当次第ではムカつきますし(笑)

 

波のおばハンの電話対応よりはマシですけどね(爆)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください