ボークス IMS 1/100 テロル・ミラージュ その10

約1月ぶりのテロルです。

 

殆どの部品をランナーから外して塗装モードに入っていたのですが

前腕周辺と、脚甲をすっかり作った気になって忘れていました。

 

で、ゴソゴソと製作・・・

前腕。

 

やっぱり隙間が・・・

 

 


下地を白にしたら透ける透ける、向こうが丸見え(笑)

 


パテ盛って、隙間を消す。

「可動する」と仮定すれば、隙間があってもいいんでしょうが
私のイメージとは違いすぎて思わず「Ура!(ウラー!)!」と・・・

 

脚甲も

ボークスさんのパーツ分割基準がわからない orz

 

1/100 L.E.D.インナパはというと


一体成型でした。

ランナーの色が違うから、そういう分割にしたのかもしれませんが
まるで線と線を接着するかのような綱渡り的な接着面積で
なおかつパーツの合いも、いまいち適当だったので
ポリパテでツライチにしてから

 


1/100 L.E.D.インナパ同様の形状をイメージして
0.5mmほどですがグレイのパーツが外に出ているように見えるよう
紺色のパーツを少しずつ削っていきました。

(このブログ書いている時点でまだ片側しか完了していませんが。)

 

GGIを思い出すキットだ(笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください