IMS 1/144  A-TOLL その7

今回のご依頼主様からパーツが届きました(笑)

 

WAVE 1/144 GKキット版A-TOLLの刀メタルパーツ

魔導大戦版なら岬先生と原田先生の原型によるものですね。

 

原田先生原型の、A-TOLLの胸部の処理が結構好きなんですが・・・。
(あれもWAVEさんだっけかな。)

 

で、VOLKS 1/144 IMSに同梱されている実棍の仮組みしたものが

これ。

 

並べてみる。

柄の部分の厚みは、ほぼ同じだけど刀のほうが少し短い。

 


送られてきたパーツに入っていたメタル製の持ち手
・・・一回り小さい。

 

ってことは刀もう一回り大きい方がいいのか?

って、ところで この刀は公式なのですか?

という疑問が湧く

 

そこで

お預かり中のWSC1/100  A-TOLLの カタナ部分を比較。

 


メタル製の1/144と、キャスト抜きのWSC1/100 の柄
柄の形状は随分異なります。

 


刀身の区(マチ)部分に少し違いがあります。
WSC製は鎬(シノギ)の部分が凹、WAVE製は同じ部分が凸のデザイン
刀身そのものの形状はほぼ同じでした。

 


1/100でも刀はそれほど大きくないですね。

 

せっかく送っていただいたメタルパーツですが
大事なWAVEさんのキットに同梱のものなので、今回のVOLKS1/144に
使ってしまうと後々で困りますよね。

お客様の大切なキットの為に存在しているパーツですし、
今回は形状把握と比較のみ行って、送られてきたパーツを加工したり
それをそのまま利用するなんてことは私にはできません。

 

なので見なかったことにしてしまおう・・・。

 

 

 

 

メタルパーツ面倒くさいし・・・

 

 

 

まぁ、

 

 

 

 

 

いいよね・・・しようがないよ・・・

 

 

 

 

 

ボークスさんが付けてくれなかったんだもん・・・。

 

 

 

 

 

な~んて、うっそぴょ~ん!

 

 

送って頂いた1/144刀から、おおまかな形状と大きさの把握ができましたので
それを元にレジンキャスト片から
今回のVOLKS1/144 A-TOLL用に刀作っちゃいます。

 

 


まぁ、数日かかるけどね・・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください