モンスター患者?

GW明け直後の混み具合を避けて、今日「腰・手首・首の関節痛」で再通院。

大阪弁モードで

わたし「せんせ、手首がめっちゃ痛いんです。」

せんせ「そやから、手首の固定は外したらアカンて言うたやん。」

わたし「ほやけど、外さな仕事できひんしー。」

せんせ「外したら知らんでって言うたやん。

まるでモンスター患者やの(笑) 無理してて痛いのはしゃーないわ(笑)」

わたし「何とか痛みを柔こくしたいんですけど・・・」

せんせ「見せてみぃ。・・・これな~、気になっとってんけど・・・

腱鞘炎とかと ちゃう気がすんねん・・。」

わたし「は?」

せんせ「痛いの、ここやろ!(と言いながら患部を押す!)」

わたし「ギャー!!!!!」

せんせ「やっぱりな~。」『何がやっぱりやねん!痛いやんけ!』

わたし「なにが?」

せんせ「腱鞘炎やのうて、キーンベック病かもしれんで。厄介やのぉ(笑)」

わたし『何、ニヤニヤ笑ろてんねん』「なんです、それ?」

せんせ「手首の骨が一部死んでまうねん。」

わたし「( ´゚д゚`)えーーー」

 

そんなこんなで、次回以降の通院に続くはずです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です