ウェブブラウザ

普段、パソコンやスマホでウェブサイトを閲覧するのに

「Opera」という元は北欧のソフトウェアを使っています。

opera

が、昨日(2016/06/09)になってOperaソフトウェアを

中国企業が買収したというニュースが流れてきました。

 

中国コンソーシアムという企業らしいのですが

同じ中国の「奇虎360」が中心の投資会社だそうで・・・

この奇虎360、過去に何度もLINEやJword、NAVERなどで

・アカウント情報を抜く

・個人情報収集

・自作したウィルスをバラまいて、自社のアンチウィルスソフトで処理させる

などという、企業としての倫理観念が存在していないような行動をしてきた

悪名高い集団なので問題です・・・。

 

まぁ、使い慣れてきたOperaと決別するのは名残惜しいですが

身の危険には替えられませんから、Operaのバージョンアップ前に

ブラウザを別の何かにしなくては・・・。

 

本気でチャイナ、怖いよー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください