草津 本白根山の噴火について一言 言いたい。

今日2018/01/23午前  突然、群馬県草津町にある

本白根山が噴火した。

 

昨年夏、規制解除されたのを期にココぞとばかりに妻と出かけた

湯釜

が存在する、現役で活発な活動を続けている草津白根山が噴火したのではなく

 

そのすぐ近くにある 本白根山 が噴火した。

 

本白根山は草津白根山群を形成する山々の中で最も標高が高い日本の名峰だ。

有史以前、何度となく噴火を起こして現在のあの地を形成して落ち着いていて、

人間の有史以来は噴火をした事がない山だった。

今朝、火山性微動を観測したそうだが、一体誰が予測できるというのだろう・・・。

ちなみに新聞記事などで書かれている

白根山噴火 ではなく、本白根山噴火 だ。 山が違う。

 

しかも火口がある場所ではなく、鏡池という静かな池の近くが噴火元だそうです。

 

でね、

御嶽山の噴火のときもそうだったんだけど、

マスコミには、なぜか『なぜ事前に噴火を予知できなかった!』とか言い出しているアホが居て

本当に馬鹿げてるし腹が立つ。気象庁はエスパーじゃねーよ!

気象庁の公式会見を見たが気の毒だった。

マスコミの何様加減が鼻につく。

 

だいたい、火山活動予知の事業仕分けをしたのはマスコミが愛して止まない二重国籍者だぞ?

そいつを追求してみろや!と言いたい。

ネットでニュース見てて腹がたったので、ツラツラと言いたい放題書いた。

ちょっぴり後悔してる・・・。

 

 

 

 

亡くなってしまわれた被災者の方のご冥福をお祈りいたします。

また被災して怪我をされた方々の一日も早い回復をお祈りしています。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください