TAMIYA NSR500 ’84 製作記その13(終宴)

タミヤ模型さんの2012サプライズキットNSR500 ’84 前期型

 

完成 ! です。

慌てたわけではないんですが、すっかり寝ぼけていて

カウルレス状態の写真は
ハンドルバーエンドが塗っていなかったりしています。

(´Д`;) ゴメンナサイゴメンナサイ

 

が、カウルを着ける段階でど忘れに気づき
ストリップ状態で洗い出して、塗り忘れ箇所は無くしましたので
カウル装着状態と、未装着状態ですこ~し異なっています。
(´Д`;) ゴメンナサイゴメンナサイ

 

DSC02226_R2.JPGDSC02229_R2.JPG

照明追加

 

DSC02232_R2.JPGDSC02234_R2.JPG

DSC02233_R2.JPGDSC02236_R2.JPG

DSC02238_R2.JPGDSC02237_R2.JPG

DSC02243_R2.JPGDSC02244_R2.JPG
メーターガラスが判るでしょうか?

 

DSC02250_R2.JPGDSC02251_R2.JPG

DSC02248_R2.JPGDSC02252_R2.JPG
水温計のケーブル追加

 

DSC02247_R2.JPGDSC02259_R2.JPG
F・フォークカバーのタイラップ(ケーブルバンド)は半透明のデカールで

 

DSC02255_R2.JPGDSC02258_R2.JPG
チェーンも見える部分だけですが、穿って見ました。

 

DSC02261_R2.JPGDSC02267_R2.JPG

DSC02265_R2.JPGDSC02266_R2.JPG

DSC02269_R2.JPGDSC02264_R2.JPG
塗装した透明チューブが良い感じです。

 

カウル着けました。
DSC02273_R2.JPGDSC02274_R2.JPG

DSC02275_R2.JPGDSC02283_R2.JPG

DSC02278_R2.JPGDSC02271_R2.JPG

DSC02276_R2.JPGDSC02281_R2.JPG

DSC02279_R2.JPG13581077900040.jpg

DSC02300_R2.JPGDSC02296_R2.JPG

DSC02284_R2.JPG

 

たくさん写真を撮ったんですが、選べなくて・・・

 

これにて、NSR500 ’84 終幕です。

 

ごめんなさいです(´・ェ・`) 修正入れました。

その14へ もうちょっとだけ続きます。

 

onep-1.jpg

 

総括

タミヤキットはもてぎコレクションホールの展示車や
M.H.Rのキットとは異なり前期型です。

このキットで気をつけるのは「そこ」だけです。
組み立てで 特に難しいところはありません。
どなたにもお勧め出来ます。

強いて言うなら

デカール貼り付けの際には
クレオスのデカールフィットを使うと
このキット標準のデカールは溶けるのが早いです。
溶けなくても割れてビシビシになります(涙)
タミヤのデカールフィットを使って少し時間を掛けて軟化させた方が
良い結果になりました。

素組みでも充分かっこいいと思います。

もし・・・

もしももう一度作る機会があるなら、
是非、後期型に改修して作りたいですね。

このキットに搭載されているエンジンこそ、
2002年のWGPのラストイヤーまで世界を席巻した
「NSR」の 元祖だと思うと、感慨深いモノがありました。

おわり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください