TAMIYA 1/12 RC166 その10

ウレタンクリヤー塗装、開始しました。

 

今回は、気になっていたウレタンクリヤーを初めて購入したので

まずはYZR500’80でテスト。

 

いつもは「ぺいんとわーくす」さんでロックペイントの

ウレタンクリヤー エコロックハイパークリヤーS

か マルチトップクリヤーSH を 使うんですが

ちょっとお試しで「玄人本舗」さんで

P3 Lクリヤー というウレタンクリヤーを買ってみました。

常温硬化で使用できるのもメリットですよね。

 

使ってみた。

 

ウッウ~ ♪

良いんでないかい。

 

吹きっぱなし(表面研磨・磨き無し)でこのツヤです。

 

触指硬化は、この時期だからか充分に早いです。

気に入ったのは薄い塗膜で充分な艶が得られることと、ちょっと多かったかな?と思うような

吹付けでもタレなかったこと。

ウレタンクリヤーなのに塗膜の薄さがとっても魅力的でした。

シンナー希釈50%でしたが0.3mmのハンドピースで1.2Mpaでじゅうぶん吹き切れました。

私の配合率が悪かったのかもしれませんが、つや消し剤を50%入れて塗装した場合

マルチトップクリヤーSH+つや消し剤(例:WSC ヤクトミラージュ)ほど艶が消えず、

中途半端なセミグロスになってしまいました。(←バイクパーツでテスト)

 

私感ですがウレタンクリヤー塗装をやってみたい!と思ったら一度これを試してみては?

 

気を良くして、RC166に使用し始めた。

 

カウルも

 

タンクも

 

外装の保護クリヤー上塗りもこれで完了しましたので

後はゆっくり組み上げていくだけです。

たぶん、次回 か 次々回くらいで終宴を迎えることが出来ると思います。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください