TAMIYA 1/12 RC166 その12 ナツノキヲク

机の上に、この夏まとめて製作したバイク模型3台が置かれています。

 

夏の記憶

こんなにまとめてバイク模型に集中したのは初めてです(笑)

しばらく作らなくてもいいかも (←嘘です。

 

ご依頼品のRC166

タミヤさん渾身の「トンデモ模型」

 

ワイヤリングはキット標準のビニル線を「受け」に使って、各部それぞれ合った太さの

パイピングに変更しています。

 

カウル内側の耐熱シートとか少しだけディテールアップしましたが基本はノーマル。

 

 

ナツノキヲク ひと夏でバイク3台作ったのは初めてだ~。

 

作りやすさではDOCATI1199が圧倒的にかんたん。

後の2台は、違うベクトルでそれぞれ難易度高いです。

 

60年台と80年台初めのレーシングバイク

メーカーも排気量も違うけど、コンセプトは同じ「表彰台の中央を目指して」

 

 

 

まるでどこかのミュージアムみたい(笑)

 

次回、最終回 としたい と こ ろ な ん で す が ・ ・ ・

 

前回作ったヤクトくんが、未だ納品出来ておらず「押入れ撮影ブース」に鎮座しているため

撮影できない環境にあります。

 

さ、撮影しなくていいかな(嬉)。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください