TAMIYA 1/6 スズキ GSX1100S KATANA その6

「安西先生、バイクが・・・バイクが作りたいです・・・。」

 

と持病が湧いてきましたので
ガンプラ塗装(乾燥)中→バッシュ塗装待ち と言う状況を生かして

KATANAを少し進めます。

いまだに「1994年型SR」にするか、「2000年型SY」にするか悩んでいます。

 

なのでフレームに手を入れると言っても
どちらかを選択し、決定していないと改造箇所が異なる為、作業が限定的です。

 

とりあえずタミヤの「SZ」と「SZ以降」で異なる部分の代表格
サイドカバーのチョークスイッチレバー(レバーじゃ無いと思うんだけどな~、これ)
R0010653_R.JPG
一体成形のパーツからレバーだけ切り離します。
写真がタミヤキットのチョークの向き。

R0010654_R.JPG
所謂、市販型のチョークの向き。

切り離したことでチョークレバーを可動させるギミックも搭載可能(笑)

 

R0010655_R.JPG
フレーム左側面。
SRならこのまま進行。SYならステップフレーム切断して加工。

 

キットのフレームは溶接跡が無く「キレイすぎ」

普通の市販車なら溶接跡を追加工作。

逆にユニコーンジャパンさんの「ヘリテイジモデル」なら
溶接跡はスムージングされているので、このまま活用出来る。
但し「神戸ユニコーンのヘリテイジの模型」になるけど・・・。

 

R0010656_R.JPGR0010657_R.JPG
フレームのダウンチューブ「フロントエンジンマウント」の2本のボルト。
これもSZのみパイプ貫通ボルトで、以降のモデルは全て貫通していないので
削り落としてしまう事に。これは’94 も ’00モデルも共通。

 

R0010658_R.JPG
マスキングテープで仮留めしてみた。

 

各部の肉抜き穴が悲しいくらい目立つ・・・。

R0010659_R.JPG
これがフロントエンジンマウントステー。
一部、フレームと合体してるよ、このパーツ(笑)

 

R0010660_R.JPG
切断しようかと思ったけど、後日 紛失しそうだったのでスジボリでそれっぽく。

R0010661_R.JPG
こんな風にフレームに付くのです。
パーツ分割線が、まともに・・・。
まぁ、マフラー着けたら目立ちにくい場所ではありますが。

 

R0010662_R.JPG
SRとSYで、フレームの補強が違いますのでフレームは一時停止です。
肉抜き穴にポリパテ詰め込んでおくことくらいは出来ますが、
急ぐ必要も無いですし。

 

タンクを少しやっつけます。
R0010663_R.JPG
左右の接着部分をヤスリで平準化します。

 

R0010664_R.JPG
必要ないとおっしゃる方も見えますが、
私はいつも  こういうパーツはプラ板で裏打ちします。
一応、補強のつもりです。
水研ぎ等の際、不意に力が掛かるとパキッと・・・がイヤなので。

 

今回はタンク内に詰め物をする予定なので、底側の部品はまだつけません。

 

タンク。
R0010665_R.JPG
タンクだけを見ると、GSX1100S(ED2)とGS650G(ED1)っって似てます。

 

これがGSX1100Sカタナより先に世に出た
ハンスムートのカタナ習作ED1=GS650G

型式にXが付かないので1気筒2バルブ 最後のGでシャフトドライブ (だっけ?)
650G.jpg
これは3型。 個人的には初期型が好きでした。

 

今日はここまで

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください