TAMIYA 1/12 RC166 その3

台風が直撃に近いコースを進行中w

そういえば子供の頃、台風の目を体感したことがあったなぁ・・・。

我が家の「家庭菜園」のトマトとパプリカが甚大な被害を受けてます。

農家の方々にとってはもっと深刻な状況だと思います。

 

さて閑話休題

現在、ノリノリで作っているバイク模型3部作ですが

 

YZR500 ’80

ハズレをつかんだか?

カルトグラフ社製ストロボデカールの、黒と白の間にインクが・・・ozr

シートカウルだけでなくタンクのデカールにまで・・・

 

そして・・・

スクリーンに・・・なんか変なスジが入ってるぅ~~~~。

これ、キズじゃなくってウェルドラインでーす。

かなり削ってコンパウンドで磨いたからここまで小さくなったんですが・・・

 

裏から見るとメッチャ目立つ・・・っていうかパーツの厚み分まるまるウェルドラインです。

ほんとうにありがと(ry

ヽ(`(`(`(`ヽ(`Д´)ノ  ウワアァァァン!!

 

 

RC166は

外装のシルバーで悩み中

 

色々と試し吹きした結果、

モデルカステンさんから発売されているクラシックシルバーが一番イメージに近いんですが

この塗料が難物で、塗膜が弱い!

保護しようと上塗りクリヤーを吹くと、あら不思議。イメージから離れたシルバーに変わる。

なんかベタつく、と思ったら表面塗膜が指についてる!!!

( ´゚д゚`)えーーー。

 

う~ん・・・。

 

希釈用のシンナーを変えてみたり。

 

いろいろ試してみたけど納得いかない結果しか生まれないので

製造元のガイアノーツさんに電話してみた。

 

返答

クラシックシルバーをそのまま無希釈で吹いてみてください。

 

結果

えぇ、確かに塗膜は強くなりました。

でも・梨地仕上げな表面でとってもイメージを損ないます(笑)

(でもエンジンの鋳造表面っぽくて、それはそれで今後使えると思うんですが・・・。)

 

返答その2

社内で聞いて回った結果なんですが。と、前置きした上で

リターダーを含んでいない薄め液(ガイアノーツさんならT-01)で希釈してみてください。

 

結果

。゚(゚ `Д)ノ。゚ヽ(  )ノ゚。ヽ(Д´ ゚)ノ゚。。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。

 

 

どぼ~ん。

 

グンゼクレオスの旧8番の銀が懐かしいっていうか、( ゚Д゚)ホスィ

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください