(休日モデリング) 1/12 ハセガワ TZR250(1KT) その8

The BANGの下地塗装に併せて、

 

こちらも適当に下地塗装を始める。

瓶サフを薄めてハンドピースで吹きっぱなし。

白塗装になる部分ですが透けてしまうのが嫌で一旦サフを吹く。

 

そこから

 

何故か唐突にハンドピースをバラして洗浄を開始。

 

Oリングにはラバーグリスやシリコングリスを塗布して劣化防止。

 

格闘の末、キレイなハンドピースが蘇る。

 

私の愛用はボークス プロモデルA と アネスト岩田 HP-CH

ガイアノーツのEx-ブラック を、微妙なエア調整や塗料調整でツヤありからつや消しまで

塗り分けることができるので気に入っている。

ガントリガータイプのハンドピースではそんな小技ができないから苦手なんです。

手に馴染むほどに使い慣れているんでしょうね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください