バンダイ 1/100 MG EX-S & Sガンダム その5

フェイス側面のスリット、そろそろ勘弁して下さい。

 

フェイス側面のスリット、続々報です。

 

スリット本体は整形が終わりましたので、
頭部パーツに組み込む部分です。

 

非常に薄いパーツです。塗装も控えています。

その辺りを考慮して

頭部本体内にスリットを受けるためのパーツを作って取り付けて接着し

 


スリット自体にも「ホルダー」になるようなパーツを
井桁になるように切り欠きをつけて組みました。

 


3本のスリットは後頭部側1.0mm間隔
アゴ側が0.8mm間隔になるように微調整してあります。

後頭部のパーツも幅を詰めて空間に収まるように
整形してあります。

 


フィンの「長穴加工」はどうなんだろう・・・

とても小さな目立たない部分なので自己満足だと思います。
かつての「センチネル胸像」には存在しますが
それ以降の画稿にはないので無しと割り切った方がいいかも

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください