バンダイ 1/100 MG EX-S & Sガンダム その27

MG Ex-Sガンダムの腕、テイク2です。

 

前回、パーツの可動部分同士での干渉が発生して

 

固定ならそのままいけるけど、ヒジに関しては可動優先なので
やり直しを余儀なくされた管理人です。

 


前回同様、キットノーマル状態の下腕

 


前回、爆死したテイク1

 


今回、トライしたテイク2

 

前回とは、赤いモールドの切断部分が異なります。

 

この方法を避けてテイク1にトライした理由は
スライドさせたときに、隙間から内部が丸見えになるから。

 

ですが、可動を『キットノーマル+スライド』にしないと
カトキ版Ex-Sのクルーザーモードが再現出来ません。

 

これ以上、空っぽの脳をひねってもカラカラ音がするだけなので、
隙間埋めの方法を、あとで考えることにして
スライドギミックを優先で進行しました。

 

スライドギミック用のポリキャップ

こんな感じで着きます。

 

GUNDAM WEAPONの柳生氏の作例と全く同じ方法ですね。

 


ポリキャップのスライドには2mm厚プラ板に3φの長穴を開けて
スライド用のミゾとしました。

 


前回のように、このフレーム部分の可動が干渉しないので

 


ヒジをこのように
G・クルーザーモードの為の収納用に折り曲げる事が可能になりました。

 

テイク1ではここまで曲げることが出来なかったんです。

 

Ex-Sガンダムを変形させず、モビルスーツ形態だけの製作なら
テイク1でも『あり』だと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください