バンダイ 1/100 MG EX-S & Sガンダム その82

プロペラントタンクの大型化ですが

R0011485

ご依頼主様から部品取りにと戴いた「Ex-S」の、このパーツのおかげで

ここまで辿りつけたのかもしれない・・・。

本当に 今まで、散々お世話になりました。 ありがとう、タンクちゃん。

 

R0011486

このプラ板貼りこんでパテで埋めまくったパーツを、ベースにしようと思っていたんですが

 

方針変更。

 

R0011487

左右タンク2ケ分。表裏アリで計4枚。

プラ板積層で形状出ししました。

 

R0011488

実は中空で、軽いんですが 複製するので全く意味が無い行動でした(笑)

 

R0011489

パテでキット標準パーツとの接合面を埋め合わせしているので

 

R0011490

ピッタリ合います。

 

それと・・・

フェアリングさんもお世話になりました。

R0011492

あなた達にどれだけ苦しめられたか・・・。と思うと腹がスタンディングで・・・

 

フェアリングも

R0011494

パテのみで、あらためて作り直し。

 

R0011495

出来上がった原型を組んでみた。

どれだけ大きくなった分かる画像。フェアリングで6mm嵩上げ、タンクで18mm延長

 

R0011496

ここまでの苦労を組んでみる。

「あぁ、マスター、生きてきてよかった・・・。」

 

R0011497

テープ等の補助無しで、すでに持ち上げ可能(笑)

 

R0011498

唯一、G・クルーザーモードの時には取り外しが必要なパーツ。

ここを真鍮線にすることで

 

R0011499 R0011500

フェアリングに内蔵した「受け」で支える事ができる

 

R0011502

上面にあたる部分は、キットパーツを軽く差し込むことで固定されるように加工。

 

ここまでが先週~今日までの、音信不通の間にやってた作業でっす!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください