バンダイ 1/100 MG EX-S & Sガンダム その118

近年では稀に見る積雪に見舞われて、我が家の機能は完全麻痺でした。

注文していた用品も今日まで届かず作業は遅延しておりました。

私は、と言いますと、一昨日、昨日と 「雪かき」による除雪作業で

全身筋肉痛なのです。

 

閑話休題。

その117で、カトキリファイン版の肩ジャケットにデカールを貼りましたが

自分の中で納得できなかったので

第3の方法に手を染めます。

もう、この方法が駄目なら「デカール外注」しかない背水の陣です。

 

スタンピングリーフ転写デカール

「スタンピングリーフ」で検索かけてもらうと、たくさん先人の知恵が出てきます。

京都の吉田金糸店さんが発売している「箔」を、熱転写する方法です。

私も、今回の悩み「白プリント」まで知りませんでした。

 

とある自作の白転写画 さんに F式WD 作業方式として詳細が載っています。

Youtube でも、ホワイトデカールで実際の作業光景を順に追って

詳細に説明して下さっている投稿者の方もいらっしゃいます。

 

要は、ALPSの熱転写式にとても近い熱を加えて「箔」を転写する方法です。

 

実際にやってみた。

 

下の写真は、すっかり頭から欠落していて

大慌てで作った「VMsAWrs」可変MS And 航空機形態

最初にコンビニでPdfをレーザー出力印刷。

それにスタンピングリーフを載せて、アイロンでトナーを溶かす。

 

熱でシワが寄ったらダメですね・・・。

 

何度も繰り返す。・・・というか購入した一袋めを練習用と割り切ったほうが無難でした。

全然うまく行かない・・・。

ここでちょっと考え方を変えて

再び、都会のキンコーズさんへ。

キンコーズさんで、出力する紙を何種類も選んで

その選んだ紙にさらにフルカラー「黒」と白黒「黒」でそれぞれ印刷し

どの組み合わせが良いのか、実験しながら進めました。

 

死屍累々(笑)

たくさんのテスト結果。

 

ついにラミネーターまで購入・・・。

 

そして

デカールに転写。

 

が、

 

載らない。

 

ファインモールドさんのクリヤーデカールもWAVEのクリヤーデカールも 載らない・・・。

 

熱をかけすぎてシワが寄ったり、定着スプレー吹いてもダメだったり・・・。

 

そして、数々の実験の結果

 

やっとこさ納得がいくものが完成。

ただし、ALPS同様小さい文字はダメですね。

ある程度の、「文字の大きさ」と「線の太さ」が必要でした。

 

気を取り直して

 

貼ってみた。

 

GUNDAM下の「アリス」は、やむを得ず第2方式のデカールから流用。

それ以外のデカールは、今回のスタンピングリーフ式熱転写「箔」仕様。

文字を太く大きくしたかったので、前回の第2方式版より1mm近く円も文字も大型化

 

これで4機全てのデカール貼りが完了

 

あとは細かい部分の修正と上塗りで終了でっす!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください