バンダイ 1/100 MG EX-S & Sガンダム その120 終宴 ~その1 総括~

旧ブログ「それさえもおそらくは平凡な模型」2013.1.21のその1から始まって

2017.1.28・・・まる4年

漸く 1/100 MG Ex-S & Sガンダム の終宴を迎えることが出来ました。

 

今回、製作したのは 御依頼品をはじめ計4機

・Ex-S ガンダム カトキリファインイラスト版完全フル可動  Sガンダムコンパチ(御依頼品)

・Ex-Sガンダム キットほぼストレート タスクフォースα仕様 変形可能

・Sガンダム  キット ストレート タスクフォースα仕様  変形可能

・Ex-Sガンダム キット改 G.F.F.リファイン版  変形不可

 

の、4機です。

 

終宴のトリを飾って、まずは「総括」から。

 

1/100 MGシリーズ MSA-0011 Ex-SガンダムおよびSガンダムは、

2002年10月(Sガンダム)、2003年3月(Ex-Sガンダム) と、今から約15年も前の発売開始です。

発売当時、その部品点数から最難関の称号を与えられ

数多の製作未完戦死者を出しました。

10年以上経った現在でも難易度レベルではTOP3に入ると思います。

何よりフレームパーツに多用しているABS樹脂が難物です。

ABS樹脂は剛性に優れているので、可動パーツには有用ですが耐薬品性に欠け、

塗装でクラックが入ることもあります。

耐候性にも弱く油分が抜けたようになって「曲げ」に対して脆くなります。

特に今回のように、生産後の経年変化を起こしているキット群では顕著でした。

まぁ、ダラダラ長々と書いても始まらないので手短に書くと・・・

 

可動させるとか、変形させるとか考えたら塗装しないのが一番(笑)

きれいに飾って置いておきたいなら可動・変形は頭から捨てたほうがいいです。

固いときは無理をしない。それでも折れたら泣いてヨシ。

ここまで作ってきての実感です。

 

可動範囲がとっても狭いです。特に腕周りが・・・。

カトキリファインイラストの「あのポーズ」は、イラスト故の「ギミック」です。

フル可動? バカがすることです(←あれ?

 

今見ても、バンダイさんは よくもまぁ10年以上も前にフル変形で発売したもんだ。

バンダイ静岡工場さんの技術スタッフは頭おかしい。 ←褒め言葉

 

今、バンダイさんが進めている MG ZZガンダム Ver.Ka 以降で

きっとEx-Sガンダムも、Ver.Kaで見ることが いずれ可能ではないかと・・・。

Ver.Ka の FAZZ とか胸熱ですね~。

熱くて遠い目。

 

ちょうど現在欠品中の「MG Ex-S」は3月に再販がかかるんですね。

もし、このブログを見てMG Ex-Sかっけー!俺も作ろ~!って

思っていただけると、ちょっとうれしいですね。

再販といえば、

12月末でしたか、ガンダムデカールが再販されて今回の製作でとても助かりました。

インレタのままだったら、何枚破損させていたか(笑)

 

とにかく悪夢のような4年間で、断模型まで考えたり何度も逃避しながらの

毎日でしたが、完成して出来たEx-Sを前にしたら、やっぱり夢のような・・・。

 

 

カトキリファイン版について

ご依頼主様と打ち合わせのときに軽く受け止めた自分がバカです。

こんなことになるなんて予想していませんでした。

4年前の自分を殴ってやりたいです(笑)

実は・・・

随分以前に、大阪ガンプラ王の会場でバンダイの Kさんaと、Kさんbと、Kさんc、

編集部のHSさんとイベント終了後に 仕事の打ち合わせしていたとき、

Kさんbが口にした「リファインイラスト版のフル可動が見たい」を

10年以上掛かって、やっとクリヤーしたという自己満足のシロモノです。

正直、バンダイ社内に信者がいる限り、

いずれカトキ版としてMGにラインナップされると思います。

おとなしく「それ」を待ったほうが、精神的にはいいと思います。

 

G.F.F.リファイン版について

カトキイラストリファイン版を製作していく途中で発生した

幾つかの可動変形の実装実験から製作した私的プロトタイプです。

御依頼品同様の、フェイスパーツの小型化や、腕部分の可動など

他のタスクフォース版で製作した今回のキットとは大きく異なる仕様です。

ただ、可動に関しては変形はオミットしフレームも接着しているため

本体の分離も出来ません。

 

MG ストレート版

タスクフォースα仕様でMSA-0011&Ext 計2機、作りました。

Sガンダムはシンプルで好きです。

完全ストレートですが、パーツの合せ目は可能な限り消してパテ埋めしてあります。

Ex-Sも、取り立てて目立った工作はしていませんが

Sガンダムと併せて、丁寧な工作を心がけました。

 

Ex-Sガンダムは、頬のフィンとフェイスの小加工以外はキットストレートです。

スレや破損に気をつければ、航空機形態への変形も可能です。

 

Sガンダムは丁寧に作ったキットストレート製作品ですが

唯一、展示保管用にベーススタンドを別途用意しSガンダム用に調整して

展示できるようにベース側を加工してあります。

このキットも航空機形態への変形が「気をつければ」可能です。

 

 

ここから順を追って、完成品の写真をアップしていきます。

まさか撮影に1週間もかかるとは思ってませんでしたが、どうやら

結構掛かりそうです。

今までの、下手な撮影のためにがっかりさせてきたので

撮影ブース(改)と称して、とうとう作業部屋の押し入れを改造しました(笑)

キット模型を改造するだけでは飽き足らなかった今回の製作です。

少し普通なみの写真が取れるかな・・・と思っています。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください