バンダイ 1/100 MG EX-S & Sガンダム その120 終宴 ~番外 ああっ神さまっ~

MGシリーズで、変形するのはカッコイイんですが・・・

塗装したキットでは、どうしてもさけて通れないのが塗膜の剥離ですよね。

 

でも、それ以前に・・・

破損はもっと難題ですよね~。

 

泣きそう

Ex-Sの膝関節パーツですが、ものの見事に折れました。

あーもう!ここまで来て・・・。

 

今日現在の机の上。

今回の4機は、万一の補修に備えて殆どのパーツを接着固定していないので

こんなふうに破損してもほぼ修理は可能です。

塗膜の剥離も同様に再塗装可能なようにしてあります。(FIX版除く)

 

今回のS-ガンダム&Ex-Sガンダムの、航空機形態への変形にはキット付属のインストだけでは

わかりにくかったので、アスキー・メディアワークス刊の

「マスターグレードモデリングガイド S-ガンダム編」を参考にしました。

写真付きで 変形プロセスを掲載してくれているので便利です。

 

——————————————-

ここからは少し宣伝

 

マスターグレードモデリングガイドと云えば

 

ザク編!

ぜひ買って(笑)  (もう私には利益ないですが・・・)

 

メインはVer.2.0のザクⅡ製作資料ですが、その中で

旧MG(Ver.1.0)を使ったフル可動ザクⅡを私が作ってます(笑)

「キットベースで外装は極力いじらず」

「簡単に手に入れることができるパーツのみ使用可」という、編集部からの絶対命令でした。

 

腕関節の可動はPGザクをトレースしたスライド装甲です。

これを真似しようとして失敗したモデラーが累々と(笑)

今でもMGザクはVer.1.0が好きです。

MAX渡辺さんや佐藤直樹さんのような大御所の皆さんが

「(当時)最高のガンプラを作る!」を合言葉に出来上がった好キットだと思うんです。

少し細身とかカッコ良すぎとか色々思うところはありますが

今でも1/100ザクを作るときはこっちをチョイスします。

 

それにしても、思えば昔っからフル可動ばっかり作ってるな・・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください