バンダイ 1/100 MG FAZZ Ver.ka その10

出資者は、無理難題をおっしゃる・・・。

「頭部アンテナは、本来 Ex-Sと共通ではないでしょうか?」

と、ご依頼主様からメールが届きました。

センチネル誌や、G.F.F.版のFAZZは 確かに内側の2本のアンテナはブレードではなく

ロッドアンテナで作られています。

う~~ん。

再び

出資者は、無理難題をおっしゃる・・・。

と いう訳で

何も考えずに元のパーツをカットして整形してから、2mmプラ棒で基部を作りました。

このとき、何も考えずに作ったことが後悔の始まりでした・・・。

フレームに干渉し、頭部パーツにアンテナが差さらない・・・・。

ので(笑)

フレーム側と2mmプラ棒、どちらも干渉する部分を削り落として

なんとか差し込めるところま作りました。

が、
ガガガ

今度はアッパーカバーをつけると苦労して奥まで差し込んだアンテナ基部が、

アッパーカバーに隠れてしまいます。

基部を外に出すとロッドアンテナの位置関係が変になるし、せっかく削ったフレームが

無駄になります。

やむを得ず、というか 他に手が無く・・・というか・・・

アッパーカバーを、ロッドアンテナが干渉する部分だけ削り込んで・・・

ご依頼主様のご要望、センチネル的 旧解釈とでも言うべきか?

ブレード+ロッドアンテナ仕様のFAZZフェイス、完了です。

個人的にも、こちらの解釈のほうがEx-Sと並べたときに違和感がないので

センチネル的な解釈としては「あり」だと思います。

キットは、MG Ver.ka としての新しいカッコ良さを求めた解釈なのだろうと思いました。

は~・・・。

一時はどうなることかと思ったよ・・・。

『やっべ!こりゃーパーツ請求かぁ?』

『依頼主様には無理ッス!ってメールしなきゃ駄目かなぁ?』

アンテナが差さらなかった瞬間の私の脳内の声でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください