MG 1/100 PLAN303E ディープストライカー その1

さて、始めましたPLAN303Eデープストライカー

 

二箱届くと圧巻である(笑)

 

仮組みレビューは他の人達がやってるだろうから、早速手を付け始める。

 

まずインストを熟読・・・

 

 

 

中折れ式のブースターは角度の変更ができるもので固定じゃないんだ。嬉しい。

 

超大型バーニアは、どうやら以前のEx-Sでポロポロ外れると不評だったポリキャップから

直付けに変更されているみたいで一安心です。

 

XD8、XD9でXC1を挟む・・・塗り分けは後で考えよう。

 

今回は、コアファイターギミックを捨てて胴体の形状を優先して変更してきています。

前のMSA-0011キットは寸胴でしたからね~。

メカニズム的に見慣れたら、あれはアレでありなんですが。

 

めちゃ気になったのが背面の2連プロペラントタンクの配置。

今回のMG版ではV字に開いているんですが、可動ですか?

と、その部分を組んで見る。

 

固定式で動きません。V字に開いたままです。

 

G.F.F.版やカトキ氏のイラストは2連プロペラントタンクが並行になっています。

資料本nカトキ氏の指示イラストには「V字」とも「平行に」とも注意書きがないのですが

個人的には並行のほうが密度的に妙な隙間がないのでカッコいいかな~と・・。

 

インストの指定を無視してタンク片側を逆向きに取り付ければ並行になるんですけど

接着すると向きを変えることができなくなります。

可動式にするにはプロペラントタンクが大きくて見た目より軽いけどそれでも1軸支持では

重たくて、タレ~ってへたるのも時間の問題でしょうから ちょっと方法を思案中。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください